おくむら歯科TOPへ

一般・小児・インプラント・入れ歯・矯正・ホワイトニング(審美)

TEL/095-881-2080
ADD/〒851-2102 長崎県西彼杵郡時津町浜田郷302-5
おくむら歯科診察室

医院案内

診療内容

お知らせ
小児歯科(キッシークラブ) 診療内容
小児歯科・コンテンツ ≫おくむら歯科の小児歯科予防とは  
≫妊娠中の方へ  ≫0〜3歳児のお母様へ  ≫4〜8歳児のお母様へ
≫9〜12歳児のお母様へ

小児歯科・コンテンツ0〜3歳までのお子様の歯で、大切にしていただきたいこと
お子様の歯は、全部で何本かご存知ですか?
小さなお子様の歯は、全部で20本生えてきます。
「どうせ大人の歯が生えてくるから、そんなに神経質になることはないんじゃないの?」
・・・なんて声も聞こえてきそうですね。
実は最近では、お子様の歯には、こんなに大切なことがあることが分かってきました。


■赤ちゃんの歯を守るには!?
◎口うつしで物を与える場合は、ママのお口の中を清潔に!
◎哺乳ビンにジュースやスポーツドリンクを入れない
◎歯が萌え始めたら、歯磨きをしてあげる(おもちゃ代わりにして遊んだり、仕上げ歯磨きなど)
◎虫歯予防のためにも、味覚の発達のためにも、甘いものはなるべく遅く与えましょう。
◎1歳頃には卒乳を!(長引くと虫歯の原因になります)
1歳のお誕生日を迎えたら、歯の検診を受けましょう!
■「噛む」という行為は知能の発達に影響がある!?
食べ物をよく噛むことで、そのアゴの振動が直接脳に伝わります。その脳オへの振動が脳細胞を活性化させ、知能の発達を促すという学説があります。
確かにネズミなどの実験で、歯を抜き「噛む」ことのなくなったネズミは、以前よりも明らかに能力が低下しました。大切なお子様の将来のためにも、おいしく「噛める歯」というのは大切なんですね。
■「噛む」ことで元気な身体をつくる!?
実は食べ物を食べた時にでる「唾液」には、殺菌・消化能力があります。これは自浄作用といって、本来人間が持つすばらしい能力の一つなのです。
その唾液は「噛む」という行為で出てきます。ですから、食べ物をきちんと噛める歯にしておかないと、唾液の量も減ります。それにより胃腸の消化吸収力を助ける能力も減ってくるのです。
そして唾液には、身体の中で毒素を発生させる活性酸素を消す効果もあります。活性酸素は、ガンの原因物質とされており、アトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、花粉症など、幅広い病気の原因になると報告されています。

0〜3才までの歯磨きポイント
小さなお子様は、歯を磨くという行為に対して、嫌がらない工夫をしてあげることが大切です。
ですから笑顔で優しくマッサージをするように歯磨きをしてあげることが大切になります。

■1歳くらい
ガーゼに水を含ませて、歯を拭いてください。
■2歳くらい
特に前歯の歯の間に気をつけて、お母さんが磨いてください。
まだ歯磨き粉を使う必要はありません。
■3歳くらい
できればお子様に自分で歯を磨く練習をさせてください。
奥歯が生えてきますので、最後にお母さんが必ず磨き直しをしてください。

【健康トピックス】
≫生えたばかりの歯は強い!?


〜 小さなお子様へのブラッシング方法 〜
まず前の歯を磨きましょう。 膝枕の要領で、あぐらを組んだ足の上にお子様の頭をおいて安定させます。
歯をよく見て、確実にブラシをあてます。 (歯茎や舌にブラシをあてないように)。
上唇の裏筋をひっかけないように、 人差し指でガードしてください。
もちろん、裏側もキチンと磨いてください。  

奥歯は人差し指を入れ、
ほほを膨らませると磨きやすくなります。

お口をぶくぶくうがいさせ、 最後に磨き残しがないか、
確認をしてください。


戻る│次へ


おくむら歯科
電 話 095-881-2080
住 所 〒851-2102 
長崎県西彼杵郡
時津町浜田郷302-5
診療時間 平日・・・09:30〜12:30
     14:30〜18:30
(金曜のみ〜18:00)
土曜・・・9:30〜12:30
休診日 日曜日・祝祭日・
第一土曜日
E-mail infoweb_okumura
@okumurashika.com
ページTOPへおくむら歯科TOPへ
医院情報・地図設備紹介院内紹介技工室スタッフ紹介来院者の声
診療からの流れ予防歯科小児歯科矯正歯科インプラント審美歯科ホワイトニング
院長からの健康トピックスお勧めデンタルグッズスタッフ募集院長室便りフラワー便り│                           │サイトマップ
Copyright(C) 2004-2008 Okumura Dental Clinic. All Rights Reserved.